MENU

MENU

ひな:結婚指輪

結婚指輪:矢羽根

リング表面に弓矢の羽根模様を繊細に表現した結婚指輪「矢羽根~やばね~」。弓矢の上部につけられる羽根を由来とし矢絣(やがすり)とも呼ばれます。江戸時代の結婚式の際には、花嫁に矢絣模様の着物を持たせる風習がありました。二人の幸せな日々が末永く続くようにと願いを込めて。
プライス
  • 上:ゴールド

    84,000(税別)

  • 下:プラチナ

    90,000(税別)

■商品詳細情報

285-1 0.005ct K18YG
286-1 Pt950

お見積り、来店予約、商品に関する質問等何でもお問い合せください。
24時間以内に返信いたします。返信が無い場合にはお手数をお掛けしますがお電話でのお問い合せをお願いいたします。

    OPEN 11:00~19:30 定休日:水曜日

おすすめ商品

LINE@でお気軽相談 LINE@でお気軽相談
来店予約(今なら特典あり)