COCCO

「男はやっぱりプロポーズで決めたい!」

一生に一度のこのタイミング、男性にはわからないことばかり!?

プロポーズの瞬間

そんなプロポーズに関する不安を、過去に高知の男性2000人以上のプロポーズリングをご提案させて頂いたCOCCOがお答え致します。


みんなどうやって選ぶの?

 プロポーズリング(婚約指輪)を選ぶにあたって決めないといけないことは、デザイン、ダイヤモンド、予算、サイズ、、、などなど男性にはわからない事ばかりです。最初の相談相手は友達や兄弟という人も多いようです。

高知ブライダルショップ

最近ではインターネットの専門サイトもありますが、あれは完全に売り手市場、これが売れている・おススメだからこれにしましょう的な。プロポーズに対する男性の思いは十人十色です。過去に2000人以上のプロポーズリングを男性の相談と共にご提案させて頂いたCOCCOだからこそブライダルリングコーディネーター(女性スタッフ)と直接話して選ぶことにプロポーズの意味があると考えています。


渡したいけどその後、使うの?

 婚約指輪は決して安い買い物ではありません。また一生に一度の買い物なので失敗したくないものです。男性がプロポーズをためらう理由のひとつとして「渡した指輪はいつ使うの?」という疑問です。

COCCOには立爪と呼ばれるダイヤモンドを目立たせるために高さをつけた昔の婚約指輪をリフォームにお持ちいただくお客様が多数いらっしゃいます。主に新しいデザインの指輪やペンダントにデザインを変えて身につけられています。「もらったのは嬉しいんだけど、あんまり身につけなくて」それもそのはず、昔の指輪は今の2~3倍も高さのある飛び出た(突き出た?)デザインでなかなか日常身につけられるデザインをしていませんでした。

エンゲージリングデザイン

今の婚約指輪はデザインも新しく、日常使いのしやすいカジュアルなタイプも多数あります。記念日や友達の結婚式はもちろん、結婚指輪とセットにして身につけられる婚約指輪は日々身につけられるリングとなっています。気になるCOCCOの婚約指輪のデザイン一覧はこちら。←200点以上のデザインと価格をチェックできます。

ダイヤモンドのネックレス・ピアス

彼女は指輪は身につけないタイプらしい、という方にはダイヤモンドのネックレスやピアスをお選びになる方もいらっしゃいます。そのようなご相談も含めお店ではお気軽にご相談いただければと思います。


彼女がいらないと言ってたし。

 いらない=欲しくない、ではないようです。ブライダル情報誌ゼクシィのデータによると結婚前に同棲しているカップルは約7割、そのうちの6割が半年以上とのこと。結婚前から彼の財布事情はほとんど把握しているという人も多いようです。今後の生活の事を考えると、、、という現実派の女性からはついそんな言葉が漏れてしまうことも。

婚約指輪をもらわなかった人から出た本音として「当時は遠慮したけど、、、年を重ねるとやっぱり欲しい」「友達の指輪を見たら羨ましくなった」「指輪くれなかったくせにと、つい言ってしまった」などなど、婚約指輪をもらって嬉しくないことはないのかもしれません。

エンゲージリング


指輪のサイズがわからない!

 ここは男性が悩むポイントのひとつです。答えは簡単、知らなくてOK!

もちろん事前に知って頂くに越したことはないのですが、過去の実例では「サイズは10号で間違いありません!」ということでプロポーズした後日、やっぱり指に入らないようです。なんてことも多々あります。服や足のサイズと違って指輪のサイズは選びは意外と難しいものなのです。

対処法としては彼女がしている指輪のサイズを測る、サイズ直しが出来るデザインを選ぶ、サンプルのリングを借りる、ダイヤモンドだけをプレゼントする、などなどこちらも色々なご提案させて頂きます。

指輪のサイズ


デザインはどうやって選ぶ?

 プロポーズリング(婚約指輪)を選ぶときこれが最も悩むポイントかもしれません。食べ物や服の好みは何となくわかるけど、ジュエリーの好みまではわからない。そんな時にはブライダルリングコーディネーター(女性スタッフ)にご相談ください。彼女の雰囲気から選ぶのも大事ですが、自分が身につけてもらいたいデザインを決めるということもプロポーズリングにとって大切な要素です。突飛なデザインは困るけど、彼が一生懸命選んでくれた。そのことが彼女も嬉しいのではないでしょうか?

それでも心配な方へ:男性から頂いた彼女の情報や、今人気のデザイン、流行に合わせてスタンダードなシンプルデザインの中にも彼女らしさを表現できる婚約指輪をご提案させて頂きます。デザインは彼女に選んでもらいたい、というのもOKです!ダイヤモンドルース(指輪になっていない宝石だけの状態)でプロポーズして「デザインは一緒に選びに行こう。」というパターンや、指輪の状態でプロポーズしたいという方にはサンプルリングのお貸出しもご提案致します。

指輪選び


輝くダイヤモンドの基準は?

 簡単に言うと時計や車を選ぶように、ダイヤモンドの輝きも見比べて選んでください。もちろんダイヤモンドには鑑定書があり4C(ヨンシー)と呼ばれる基準があります。内包物や大きさ、カラー&カットなどダイヤモンドについてはこちら(4Cについて)で詳しくご説明いたします。

女性は主にデザインに興味がわきますが宝石の鑑定士やトレーダーは男性が多いのも事実です。「ダイヤモンドの輝きなんてわからない」と言わずにCOCCOのコーディネーターに相談しながら色々なダイヤモンドを見比べてみてください。COCCOには輝き判定でUltimate★★★(スリースター)を獲得したダイヤモンドもございます。

ダイヤモンドの輝きと4C


価格もピンからキリまであるけど。

 必ず出てくるキーワードが給料の三か月分、昔デビアスというダイヤモンド流通会社が生んだキャッチコピーです。このコピーはダイヤモンドの価値と憧れを全世界に広めることに成功しました。とは言っても、現実的に三か月分は誰しもが準備できるものではありません。ちなみにCOCCOのここ数年の平均は約268,000円でした。手頃な価格帯では100,000円から、1,000,000円越えまで。デザイン+ダイヤモンドの組み合わせによって価格もご予算に応じて製作することが出来ますのでコーディネーターにご相談ください。

安心のダイヤモンド

価格の情報ということで、ダイヤモンドの市場価格についても一歩踏み込んでご紹介したいと思います。ダイヤモンドは金やプラチナのように毎日というわけではないですが、毎月市場価格の発表がありその相場に基づいて動いています。ダイヤモンドが生み出される場所は現在大きく3か所、【ダイヤモンド鉱山】【二次流通】【合成工場】となります。

ダイヤモンドが販売される場所は主に【オークション】【百貨店・宝石店などの小売店】【インターネットショップ】、そして販売方法としては【ワンプライス】【セット割引】【激安販売】などです。

つまりダイヤモンドと言っても産出・流通・販売にそれぞれの軸があるため0.3ct Dカラー VVS1 3EXカットのダイヤモンドでも約10~40万円まで幅広い価格帯で販売されています。同じなら10万円が良いと思ったら間違い、そのダイヤモンドは誰かが質屋さんに入れて綺麗に洗浄されたものかもしれません、もしかしたら海外サイトから仕入れられた合成ダイヤモンドかもしれません。それなら40万円のダイヤモンドなら安心だと思っても間違い、このダイヤモンドを買ったら何かが付いてきます。なんて商法もありますので単に高い値段が付けられているだけかもしれません。

もちろんどのダイヤモンドを選ぶのかはお客様の自由ですが、それらの意味をわからないまま最安値のダイヤを買ってしまったら本当に高い買い物になってしまいます。僕は彼女にプロポーズをして最安値のダイヤモンドを贈りました、なんてなかなか言えないですよね。

価格にはそれ相応の品質があります、かといって高いから値段相応の品質があるというわけでもありません。その辺も踏まえて信頼できる、お店選びもプロポーズリング選びに最も大切な項目の1つになります。COCCOは地元高知で2000人以上のプロポーズリング選びをご提案させて頂いております。その実績と経験と安心をお求めください。

COCCOのスタッフ

先輩カップルの口コミ評価(COCCO)はhttps://ringraph.weddingpark.net/

結婚指輪・婚約指輪の口コミ 結婚指輪・婚約指輪の口コミ 結婚指輪・婚約指輪の口コミ

COCCOブライダルリング
人気ランキングTop5

人気ランキング婚約指輪人気ランキング結婚指輪人気ランキングセットリング

来店予約