MENU

MENU

News & Blog

ROYAL ASSCHER(ロイヤル・アッシャー)

ロイヤルの称号を授けられた唯一無二の
ダイヤモンドカッター&ジュエラー




<ロイヤルの称号>
1854年にオランダアムステルダムで創業したロイヤル・アッシャー社は、世界史上最大のダイヤモンド原石「カリナン」(3,106ct)カットの成功や、革新的なダイヤモンドカットの開発など、歴史に残る数々の偉業を達成。その功績と信頼に対して1980年と2011年の2度にわたり、オランダ王室から「ロイヤル」の称号を授けられました。
それは同時にダイヤモンド業界の最高峰に立ったことを意味し、現在に至るまで唯一無二のダイヤモンドカッターおよびジュエラーとして確固たる地位を築いてきました。

▲もっとも大きな「カリナンI世」は英国王室の王笏(右)に、二番目に大きな「カリナンⅡ世」は大英帝国王冠(左)にそれぞれセッティングされている。




<名門ダイヤモンドカッター>
ダイヤモンドの価値や美しさを決める上で、重さ・色・透明度など先天的要素が多くを占めるなか、後天的に人間が関与できる唯一の要素がカットです。
ロイヤル・アッシャー社は創業以来165年にわたり、ダイヤモンドをカット・研磨する会社としてその名を歴史を刻んできました。
現在、一般のジュエリーに多く見られる「アッシャー・カット(スクエアエメラルドカット)」や「トリリアント・カット」の原型は、ロイヤル・アッシャー社が開発したものです。
さらに今世紀に入り、ブランドオリジナルカットである「ロイヤル・アッシャー・カット」「ロイヤル・アッシャー・ブリリアントカット」、近年では「ロイヤル・アッシャー・クッションカット」「ロイヤル・アッシャー・オーバルカット」を開発。ダイヤモンドの輝きを最大限に引き出すための飽くなき研究と開発をさらに積み重ねています。

▼ロイヤル・アッシャー社が開発してきたカットたち




<世界のVIPが名を連ねる「ゴールデンブック」>
ロイヤル・アッシャー社には「ゴールデンブック」と呼ばれる来賓者名簿が大切に保管されています。これは世界の王室や各国首脳など、国賓がロイヤル・アッシャー社を訪れた際にご署名いただくものです。エリザベスⅡ世女王陛下をはじめ世界各国のVIPの名が連ねられた「ゴールデンブック」は、ロイヤル・アッシャー社が刻んできた輝かしい歴史そのものなのです。




<白く高貴な輝き>
ダイヤモンドの輝きには「白い光のブリリアンス」「虹色の光のディスパージョン」「ファセットによってきらめくシンチレーション」の3つの要素があります。ロイヤル・アッシャー社が追い求めているのは、ヨーロッパで伝統的に好まれてきた白く高貴な輝き“ブリリアンス”です。ロイヤル・アッシャー・ダイヤモンドは、純白のウェディングドレスに象徴されるブライダルシーンにふさわしく白く上品で明るい輝きを放ちます。




<品質の証としてのクラウンマーク>
ダイヤモンドをセッティングする爪は、形、大きさ、対称性に細心の注意を払い石座の細部まで丁寧に磨き上げられています。リングには、適度な厚みを持たせ、洗練されたフォルムと強度を両立。内面と側面を熟練の技で磨き上げることによって、なめらかな指通りと心地よいフィット感を実現しています。
鑑識眼豊かなエキスパートによる厳しい検査を経て、ジュエリーとしての美しさと着け心地の良さを満たした証として、クラウンマークが刻印されます。




<4つの約束>
①国際的な主要鑑定機関によって保証された天然で未処理のダイヤモンド
②環境的に認められる方法で採掘されたダイヤモンド
③カット・研磨も、管理された労働条件のもと行われたダイヤモンド
④紛争地域から産出されたコンフリクト・ダイヤモンド(武器の購入に充てるための資金源となっているダイヤモンド)の供給を絶つため、ダイヤモンドの国際認証制度(キンバリープロセス)を遵守する国から入手したダイヤモンド





Checkしてみよう!スタッフが紹介する
■「ロイヤル・アッシャー」マリッジリングトップ3はこちらから
■「ロイヤル・アッシャー」エンゲージリングトップ3はこちらから
■ ブライダルリング お客様購入品 こちらから